ご挨拶

MESSAGES FROM THE CHAIRMEN

 

矢崎総業株式会社
代表取締役会長

 

矢﨑 裕彦

矢﨑 裕彦

 

当財団は、矢崎グループの創業40周年記念事業として1982年に設立され、以来35年にわたり、基礎研究の支援を通して日本の科学技術の振興に微力を尽くしてまいりました。これもひとえに、関係当局のご指導と関係各位のご理解、ご協力の賜物と存じます。
今後も、矢崎グループの社是である「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」を具現化する活動として、当財団の活動を支援して行きたいと考えておりますので、引き続きご指導、ご鞭捷を賜りますようお願い申しあげます。
さて、世界経済の現況を見ますと、拡大を続けてきた世界経済も、地政学リスクや欧米の政治的変化に加え、金融政策の変更が見込まれ不確実性が高まっています。また国内的には、東日本大震災からの復興・再生を図る傍ら、人口減少や高齢者社会への対応という根幹の課題に取り組みを図る状況にあります。
矢崎グループも諸策に取り組んでおりますが、その時に忘れてならないのは「人」という経営資源をいかに活用するかであります。ご承知のように日本は地下資源の乏しい資源小国でありますが、「人」という地上資源では世界に誇れる大国であります。私は、官民挙げてこれを育成、強化して行くことが日本をより価値ある国へとしていくものと確信しております。
中でも、科学技術の発展を担う研究者の活動を支援して行くことの重要性は、改めて申しあげるまでもありません。
独創的な基礎研究に携わっていらっしゃる研究者各位が、世界をリードする成果をあげられ、日本のみならず世界の人々のくらしに貢献されますことを心より期待しております。

 

公益財団法人 矢崎科学技術振興記念財団
理事長

 

細川 興一

細川 興一

 

今度、当財団の理事長に就任しました。私は昭和22年生まれで、戦後の高度成長期を生きてきたいわゆる“団塊の世代”です。我々の世代は、敗戦後の復興から高度成長へと、ある種の「成功物語」の中で生きてきたわけですが、「失敗は成功の母」、しかし、他方「成功は失敗の父」ともいわれます。即ち、成功体験がむしろ失敗のもととなり、“足枷”になってしまうことがあります。故に、我が国の、歴史的にもむずかしい現在の状況・課題に取り組むためには、特に、しがらみがなく、とらわれない、しなやかな、新たな発想・価値観の下で生きていこうとしている若い世代のチャレンジに期待したいと思います。
そして、我が国が、ややもすれば閉塞的になりがちな状況を克服し、世界に伍して活力のある経済・社会を保ち続け、かつ、新たな展望を開くためには、次代を担う若者たちの、しがらみのない、独創的研究を振興し、新技術を開発することが欠かせません。新技術の開発には無限の夢があります。
当財団は、まことに微力ながら、その一助としての役割を果たすべく努力してまいります。当財団は、平成29年度で、設立後35回目の研究助成金贈呈式を行いました。その節目の年に理事長に就任することとなりましたが、全力を挙げてつとめて参る所存です。今後とも、皆様のご指導とご協力をお願い致します。